上顎前歯の審美治療 【 インプラントと舌側部分矯正とラミネートベニア 】|広島市の見えない矯正舌側矯正ならもりた歯科・矯正歯科

広島市の舌側矯正ならもりた歯科・矯正歯科

0822242460

症例

  • インプラント
  • セラミック
  • 矯正治療
  • 部分矯正
上顎前歯の審美治療 【 インプラント・舌側部分矯正・ラミネートベニア 】

主訴:上顎の犬歯が乳歯のままでぐらぐらしており、永久歯も欠損しているので抜歯してインプラント治療を希望

治療内容:変色歯のブリーチングしたあと、真ん中の左右4本を部分矯正して歯の軸の向き・歯の幅を調整したあとにラミネートベニアでその4本を治療、インプラント部にもセラミックのクラウンを装着し、上顎前歯の部分を審美的に治療

治療経過所見:歯の軸・歯の幅が自然になり、バランスのとれた歯列に改善されました。

010 011

インプラント埋入→ブリーチング→部分矯正治療→ラミネートベニア装着までの全ての治療期間:2年5ヶ月

通院回数:32回(急患等を含む)

治療費総額(インプラント・部分矯正・ラミネートベニア等の自費治療):1,664,280円(過去の設定代金のため現在とは異なります)

備考:

舌側の装置を装着したため、治療中は口腔内の違和感や痛み出ることがありました。

矯正装置を装着中は歯みがきが難しかったため、またインプラント部分を清潔に保つため、適宜歯石除去やクリーニングを行いました。

矯正治療中は、歯みがきが難しくなるとむし歯や歯周病になりやすいため、またインプラントも不潔であると歯周病にかかることがあるので、丁寧に歯みがきを行う必要があります。

※同じような歯並びでも、矯正治療の結果は患者様によって個人差があります。

ページトップへ