矯正歯科|広島市の見えない矯正舌側矯正ならもりた歯科・矯正歯科

広島市の舌側矯正ならもりた歯科・矯正歯科

0822242460

矯正歯科

口元が気になって、
満足に笑えないことはありませんか?

歯科医院での導入は全国でお数少ない脳外科手術などでも使用される顕微鏡を完備しています

それを治療するのが歯科矯正治療です。
おもに歯並びとかみ合わせの改善を目的としますが、
それと同時に患者様のメンタル面の改善もお手伝いできればと思っています。
当院では主に、見えない矯正(舌側矯正)での矯正治療を行っております。
矯正治療の相談は無料で行っております。お気軽にご相談ください。

咬み合わせについて

歯科矯正にはいろいろな種類があり、悪い歯ならびや噛み合わせを、きちんと噛み合うようにして、きれいな歯ならびにする歯科治療です。
歯がふぞろいだったり、上下のアゴの歯ならびがお互いにちゃんと噛み合わない状態では、以下の問題が起こる可能性があります。

  • 肩こりや頭痛が起こる
  • 食べ物がよく噛めない(そのため、胃腸障害がおこる)
  • ことばが明瞭でなくなる(コンプレックスにつながる)
  • むし歯になりやすい歯槽膿漏になりやすい(口臭の原因になる)
  • アゴの関節に負担をかける(将来的には顔の形にも影響する)
  • 歯を折ったり、ケガしやすい
  • 見えない矯正舌側矯正
  • マウスピース矯正
  • 矯正料金

矯正治療の症例をみる

見えない矯正 舌側矯正

見えない矯正 舌側矯正

舌側矯正(ぜっそくきょうせい)とは、矯正装置を歯の裏側につける矯正方法です。
装置が歯の裏側につくので、周りの人に気づかれずに歯を矯正することができます。
当院院長は日本舌側矯正歯科学会会員で、多くの症例に対する臨床経験を積んでおります。
昔は「適応できる症例が少ない」「治療期間が長い」「治療結果に難がある」などの批判がありましたが、現在では唇側の装置に比べ、ひけをとらない治療結果を得ることができます。
他院で舌側矯正ができないと診断された方も、当院で対応できることもありますので、まずはお気軽にご相談ください。

長所

  • 装置が外観上みえないため、接客業など職業柄矯正装置の装着が困難な方に有用。
  • 患者様の心理的ストレスが少なくなる。
  • 前歯部はコントロールが行いやすく症例によっては治療期間が短くなる。
  • 唇が切れるなどのトラブルが少なく、運動される方などはマウスピースの装着の必要がない。
  • 装置によっては、顎関節症の緩和に効果をもたらす。

短所

  • 発音がしづらい。
  • 慣れるまでは食事がしづらい。
  • 慣れるまでは舌に違和感や痛みが出やすい。
  • 清掃性が唇側の装置に比べてよくないのでむし歯のコントロールが重要になる。
  • 術者の操作性が通常の矯正装置に比べてよくない。

矯正治療の症例をみる

クリッピーL

見えない矯正 舌側矯正

舌側矯正用のブラケット(矯正装置)です。
必要最小限の抵抗で歯を移動することが出来るため、治療時の痛みが大幅に減少します。
また、定期メンテナンスに必要なワイヤーの交換、調整も短時間で可能になりました。
セルフライゲートブラケットは、非常に精度の高い加工技術により、高い操作性を備えており、ワイヤー交換時間の大幅削減・正確なコントロールが可能です。
また、最大部分の厚さも非常に薄く、患者様の違和感が少なく済みます。

舌側矯正の手順

Step1

Step1

矯正終了後イメージの模型を作成します。

Step2

Step2

歯の裏側に正確に装置をつけるためのインジケーターを、歯1本ずつで作成します。

Step3

Step3

装着完了

マウスピース矯正

一般的な装置(ブラケット)で表側に装置をつけて矯正する場合、金属の装置が見えてしまいますが、マウスピース矯正は透明のマウスピースなので、装置をつけていても目立ちません。また、発音障害や異物感も、ブラケットに比べて非常に少ないです。
取り外しが可能なので、食事や歯みがきの時、また外出や仕事でどうしても外しておきたい時でも、ご自身で取り外しが可能です。
簡単な歯列不正や、歯間の空隙の閉鎖、矯正後の後戻りなどに特に効果的で、歯の傾きや隙間などを、マウスピースの形・硬さを調整して少しずつ治療していきます。
歯列不正が特にひどいところは、マウスピースに透明のボタンをつけて、そこにゴムをかけてより強い力をかけて歯を動かすこともできます。
ゴムの交換は、来院していただかなくてもご自身でしていただけます。
ただし、複雑な歯列不正などには適応しておりません。
(例:抜歯が必要なケース、空隙が広いケース、歯の傾きが極端なケース・・・etc)
適応例は限定されますので、ご検討の場合はご来院・ご相談ください。

インビザライン

インビザライン

インビザライン

インビザラインシステムは、アライン・テクノロジー社で3D治療計画で治療後の歯列を予測し、それに合わせてマウスピースを作成するシステムです。
2週間ごとに硬さの違うマウスピースにつけかえて頂き、予測した歯列に少しずつ近づけていきます。

アソアライナーⓇ

マウスピース矯正

アソアライナー

アソアライナー®は、Aso International社のシステムでマウスピースを作成したものです。

ソフト・ミディアム・ハードと硬さの違うマウスピースを1セットとして、それを10日ごとににつけかえて頂き、ハードの次に新たに型どりをして技工に出し、2セットめのソフト・ミディアム・ハードのマウスピースを作成、また10日ごとにつけかえて、これを歯列が治るまで繰り返すシステムです。

矯正治療の症例をみる

部分矯正(前歯舌側矯正)

前歯舌側矯正/マウスピース矯正(アソアライナー(R))

簡単な歯列不正や、歯間の空隙の閉鎖、矯正後の後戻りなどに特に効果的です。
前歯部のみの舌側矯正は、前歯部だけに装置をつけるので、違和感を最小限に抑えることができます。
ただし、上記マウスピース矯正同様、複雑な歯列不正などには適応しておりません。

(例:抜歯が必要なケース、空隙が広いケース、歯の傾きが極端なケース・・・etc)
適応例は限定されますので、ご検討の場合はご来院・ご相談ください。

矯正治療の症例をみる

治療料金

矯正相談 無料
咬合診断 無料
全顎矯正(舌側) ¥1,296,000
インビザライン マウスピース矯正(全顎) ¥1,080,000
アソアライナー マウスピース矯正(全顎) ¥702,000
アソアライナー マウスピース矯正(上顎/下顎のみ) ¥486,000
前歯の矯正(上下顎) ¥648,000
前歯の矯正(上顎/下顎のみ) ¥486,000

※ただし、矯正治療の開始時に¥540,000を、装置代・他諸診査代金として先にお支払いいただくようになりますのでご了承ください。
残額は、月々の来院時に分割でお支払い、一括でのお支払いなども可能です。ご相談ください。
※矯正治療はだいたい月1回で調整に寄っていただきますが、その際の調整代金のお支払いはありません。期間・装置の変更に関わらず、上記料金に全て含まれます。
※技工所で装置製作開始後に万が一キャンセルされた場合は、キャンセル料(25万円弱)が発生しますのでご了承ください。
※その他矯正治療に関するご質問がございましたらお気軽にお問い合わせください。

ページトップへ